少なくとも体に良いイメージは0のタバコですが、昔から「タバコを吸うとインポになる」という話は有名です。

大なり小なり喫煙者は不安になりますよね。

特にメンソールのタバコについては、一度くらいはインポになる都市伝説を聞いたことがあると思います。

今回は、セックスで勃たないこととタバコを吸うことの関係や、タバコが本当に勃たない原因になるのかをまとめました。

現時点で喫煙者の方は、ぜひ目を通しておいてくださいね。

タバコを吸うとセックスで勃たない原因となる話はホント?

タバコとセックスとの関係! 喫煙者にはやっぱりEDの人が多い

EDになる人の大半は喫煙者ということを知っていますか?

海外の調査になりますが、その確率は8割以上なんです。

タバコは健康に悪いだけでなく、それだけセックスにも悪影響をあたえるということです。

タバコがセックスで勃たない原因になるのはホントの話

タバコの影響は個人差もあるようですが、一般的にはタバコを吸った後はアソコの調子は悪くなる傾向にあります。

日本のタバコのパッケージには書かれていませんが、海外のパッケージには、しっかり「インポになるよ」と書かれているものもありますよ。

このことからもわかるように、タバコにはセックスで勃たないようになる原因が潜んでいます。

その大きな原因は何かというと、タバコに含まれるニコチンにあります。

タバコがセックスで勃たない原因になるのはホントの話

ニコチンは血管を収縮して、血液のめぐりを悪くします。

血流の良し悪しは勃起力に大きく関係していて、血流が悪くなれば勃起力も低下します。

その結果、セックスでアソコの調子が悪く中折れしたり、セックスで勃たない原因にもなりやすいんです。

またタバコには、亜鉛の消費量を増やす悪影響もあります。

亜鉛は精子をつくったり、精力を高めるには必要不可欠な成分です。

この栄養素の消費が多くなるということは、それだけセックスにも弱くなって勃たない原因にもなるのです。

メンソールのタバコは特別インポになりやすい?

都市伝説では、メンソールのタバコはインポになりやすいとされていますよね。

ですがこれは本当にただの都市伝説で、医学的にもキッパリと否定されています。

この都市伝説の発祥は、女性にメンソールタバコを吸う人が多かったので、そのことによる冷やかし説が有力です。

ですので通常のタバコを吸っても、メンソールのタバコを吸っても、体への影響は同じです。

どちらも体に悪くセックスにも悪影響をあたえるので、インポになる確率は変わりません。

もちろん通常のタバコの方が、インポになりにくいということもありません。

できるなら禁煙してセックスに強い男になろう!

セックスを満足に楽しみたいなら、基本的には禁煙した方がいいのは間違いありません。

禁煙に成功すれば、セックスで勃たないリスクも大きく減らすことができますよ。

さらには健康的にもなれてセックスにも強くなるので、まさに一石二鳥です。

禁煙してセックスに強い男になろう!

それに加えて、精力剤を試した時の効果にも差がでます。

タバコを吸っていると、亜鉛の消費が激しくなり血流が悪くなることは説明の通りです。

その為、精力剤の働きを打ち消すことになって、精力剤の効果も実感しにくくなります。

ですので精力剤を試す時は、なるべく禁煙した状態で望むのがオススメなんです。

もちろんタバコを吸っていても、精力剤の効果を実感することは出来るでしょう。

しかし期待以上の実感をしたいなら、やっぱり禁煙して試すことをオススメしますよ。

禁煙はストレスをともない、想像以上に難しいとは思います。

ですが、ものの試しに挑戦してみるのは良いと思いますよ。

ニコチンパッチや電子タバコなど、今は昔よりも禁煙しやすい環境にはなってきていますからね。