ロキソニンといえば痛み止めとして人気があり、日常使いしている人も多いのが特徴の薬ですよね。

そんなロキソニンが、とある噂によるとセックスで勃たない原因になるんだそうです。

しかしこれまでロキソニンを飲んできた経験からしても、そんなことは初耳でそれらしい実感もありません。

このままでは無性に気になってしまうので、痛み止めのロキソニンと勃起不全の関係性について調べてまとめてみました。

痛み止めのロキソニンを飲むと勃たない話はただの噂

ロキソニンでED(勃起不全)になる副作用は確認されてない

ロキソニンは医薬品なので副作用はいくつもあります。

しかし現時点では、勃起不全の副作用は確認されておらず、これまでにそういった報告事例もないそうです。

  • 腹痛
  • 胃部不快感
  • 食欲不振
  • 悪心・嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • 消化性潰瘍
  • 消化不良
  • 胸やけ
  • 口内炎
  • 口渇
  • 腹部膨満(お腹のふくらみ)
  • 小腸・大腸の狭窄・閉塞

ロキソニンの副作用の中で多いのは、胃の粘膜があれて腹痛や胃痛に悩まされることくらいです。

しかしこの副作用にも個人差があるので、誰もに当てはまるものではありません。

気になる方は空腹時をさけて飲むようにして、同時に処方されることの多い、胃の粘膜を保護する薬と同時に飲めば問題ありません。

とりあえずロキソニンを飲んだところで、ED(勃起不全)になってセックスで勃たなくなる心配はありません。

ロキソニン愛用者の方は心配しないで大丈夫ですよ。

ちなみに、下記のように連想する方もいるようですが、これも心配いりません。

痛みを消す ⇒ 感覚がにぶる ⇒ 勃起しにくくなる ⇒ セックスでたたなくなる。

感覚がにぶるとはいっても、ロキソニンの副作用で男性機能の感覚がにぶるほどの影響は出ません

ですので、その点は心配せずに飲んだので大丈夫です。

ロキソニンを飲んだあとのセックスで勃たない経験をした理由とは?

普通に考えればロキソニンを飲んだことで、セックスで勃たないようにはなりません。

しかし現に勃たない経験をしている人もいるようです。

恐らくその理由は・・・

集中力が途切れるほど痛みを伴い、ロキソニンを飲まざるをえない状態になっていた、その時の体調が原因ではないか? と思います。

他には痛みのせいで一時的に、性欲が低下した可能性などは十分に考えられますよ。

ただしそれ以外で勃たないのであれば、それはロキソニンの副作用が関係しているのではなく、EDの症状がではじめているということです。

精力や勃起力がよわくなれば、セックスで勃たなくなるのは普通のことですからね。

ED治療薬とロキソニンは併用できる?

実はよくある話で、ED治療薬を飲む人のなかには、同時にロキソニンを飲む人が一定数います。

これはバイアグラやレビトラなどの副作用にある、頭痛などの痛みへの対策です。

気軽に使う人のおおいED治療薬ですが、決して副作用のすくない薬ではありません。

その為、飲めば頭痛やほてり、目の充血や鼻づまりなどの副作用がよく発生します。

しかしED治療薬とロキソニンの飲み合わせは、基本的には問題ありません。

ED治療薬とロキソニンは併用できる?

これについては以前に病院に確認したので、間違いないと思います。

ただし薬の飲みすぎは、体にとってもいいことはありません。

ですので我慢できるなら、ED治療薬を飲んだあとのロキソニンはオススメしません。

まぁセックスに集中できないレベルの痛みなら、痛み止めを飲むのも仕方ないと思いますけどね。

ちなみに個人的な考えでは、ED治療薬を飲んで飲み合わせを心配しなくても、精力剤に乗り換えればすむ話だと思っています。

私も結局はED治療薬ではなく、安全で飲み合わせの心配もない精力剤に乗り換えています。

正直言って、安全性の高さや副作用のなさ、飲みやすさから考えれば、精力剤を選ぶのは間違っていません。

もしロキソニンの副作用や飲み合わせが気になっている方は、私のように精力剤に乗り換えてみてくださいね。

中でも特許を取得して、全額返金保証も90日あるレッドドラゴン はオススメですよ。