加齢が進んで中高年になると、セックスで勃たない人の割合は大きく増えます。

実際に40代を超えた男性への調査だと、6割以上の人がEDの悩みをかかえていたそうです。

かなり深刻ですよね・・・

しかも加齢がすすめば、生活習慣病などのリスクも高まるのが一般的です。

今回は加齢がすすむことでEDになりやすい原因や、セックスで勃たなくなる理由をまとめます。

一般的に30歳の半ばを超えると、加齢による影響を感じやすくなると言われます。

ですので、30代半ば以降の人はチェックして損はない情報だと思いますよ。

加齢によってセックスで勃たなくなるのは普通のこと

なぜ加齢がすすむとセックスで勃たないようになるのか?

大きな原因となるのは、男性ホルモンの分泌量が低下することにあります。

男性ホルモンは10代の後半あたりをピークに、少しずつ減少していく特徴があります。

そして30代の半ばあたりを境に、急激に分泌量が減少をはじめます。

つまり加齢の影響を大きく受けやすいということです。

また男性ホルモンには、精力を高めたり性欲を強くする働きがあります。

ですのでアソコの持続力や、勃起しやすさにも大きく関係します。

その為男性ホルモンの分泌量が減少すると、セックスで勃たない原因にもなるんです。 

男性ホルモンは皆同じように減少するわけではない

30代の半ばをすぎると男性ホルモンの分泌量が低下すると説明しましたが、誰もが同じように減少するわけではありません。

なぜなら男性ホルモンは、次のように様々な要素が重なることで減少する量が増えるからです。

  • 日頃からたまったストレス
  • 心身の疲れ
  • タバコの吸いすぎ
  • お酒の飲みすぎ
  • 睡眠不足
  • バランスの悪い食事
  • 運動不足な生活習慣

もちろん誰でも加齢の影響は受けますが、同じように分泌量が減少するわけではありません。

例えば20代でも生活習慣が乱れまくっていれば、男性ホルモンの分泌量は少ないこともあります。

逆に40代でも健康的な生活をしている方は、とてもアクティブで若々しかったりしますよね。

男性ホルモンは男らしさや若々しさの象徴的なホルモンなので、上記のように健康的な男性は分泌量もあまり減少していないケースが多いです。

このように男性ホルモンの分泌量は、かなり差の出やすい要素といえます。

加齢の影響を受けても男性ホルモンを増やせば問題ない

人は誰でも年をとり、加齢の影響を受けてしまうのが当たり前です。

ですが安心してください。

男性ホルモンの分泌量は、増やすこともできるんです。

加齢の影響を受けても男性ホルモンを増やせば問題ない

代表的な対策は2つで、1つは生活習慣や生活リズムを徹底的に見直すことです。

早寝早起き、運動の習慣、禁煙、健康的な食事の徹底(特に和食)など、やるべきことはたくさんあります。

ただしやるべきことが多く、成果がでるのに数ヶ月は必要なので、挫折する人がほとんどです。

もう1つの対策は単純なもので、精力剤を飲むというものです。

精力剤の中には、男性ホルモンの分泌量を増やすように働く成分がたくさんあります。

例えば、ランペップやアルギニンなどがその例です。

またクラチャイダムやマカなど、男性ホルモンの分泌量を増やすのには効果的な原材料もあります。

このような原材料や成分をバランスよく配合して、毎日飲めるようにしたのが精力剤です。

選び方はなかなか難しいのですが、そういった人の為に当サイトでは、おすすめ精力剤をピックアップしています。

あなたも精力剤を飲むことで、加齢に負けないセックスに強い体を目指してくださいね。